タイ古式マッサージ
タイ古式マッサージの概略
タイ古式マッサージの歴史
タイ古式マッサージの理論
タイ古式マッサージの効果
タイ古式マッサージの流派
タイ古式マッサージテクニック
 
 タイ伝統医学と予防医学
タイ伝統医学
伝統医学の本質
タイ国王と時代背景
創始者シヴァカゴーマラバット
タイ仏教とのかかわり
マントラ
アーユルヴェーダとのかかわり
中医学とのかかわり
エネルギーライン セン
東洋医学経絡との比較
エネルギーワークとして
サムンプライの活用
ハーブの活用
代表的なアロマの効果効能
アロマセラピーの活用
ゾーンセラピーの活用
冷え
ガン
デトックス
ファイトケミカル
自然治癒力を高める方法
タイマッサージの現況と今後
代替医療としてのタイマッサージ
伝統医学による体調カウンセリング
 
 伝統医学施術法
ボディケア
タイ古式マッサージバンコクスタイル
タイ古式マッサージチェンマイスタイル
タイ古式マッサージTTMAスタイル
エルボープレス/ニープレス
ダブルヨガフリースタイル
症状別実践テクニック
ハーブボールマッサージ
アドバンスハーブボールマッサージ
ロイヤルタイマッサージ
クリームタイマッサージ
パウダータイマッサージ
トークセン 木槌療法
シンギングボウメディテーション
アユルヴェーディックタイマッサージ
リフレクソロジー/フットマッサージ
アロマセラピー/アロマテラピー
フェイシャルマッサージ
ヘッドマッサージ
フットプレス
プラーナヒーリング
チネイザン 氣内臓療法
ジャップカサイ 睾丸療法
ヨクトーン 子宮卵巣療法
タイ式ヨガ ルーシーダットン
 
 セラピスト・治療家業界
タイ古式マッサージ業界の知識
セラピストの心得と道徳
体調カウンセリング方法
症状別施術注意事項
解剖生理学的基礎知識
リラクゼーション業界用語集
日本におけるタイ人の雇用
雇用契約と業務委託契約
労務管理の法的基準
労使間トラブルQ&A
 
 TTMA資格ガイダンス
TTMA公認資格概要
資格ガイドマップ
認定試験概要
H級資格
R級資格
C級資格
B級資格
A級資格
AA級資格
AAA級資格
 
 TTMA
TTMA活動趣旨
TTMA活動内容
TTMA無料賛同会員募集
TTMAセラピスト会員募集
TTMAセラピスト求人情報
TTMA公認セラピスト会員紹介
TTMA公認サロン紹介
TTMA公認スクール紹介
TTMAインフォメーション
 
ホームへ戻る
タイ王国伝統医学的背景
 
タイ王国伝統医学的背景

タイ古式マッサージとタイ伝統医学

現在、タイ古式マッサージは日本においてもポピュラーなものになり、広く知られるようになりました。しかし、タイ古式マッサージは、タイ伝統医学を代表する施術法ではありますが、伝統医学の中のひとつのカテゴリであって、タイ古式マッサージを知ることが、タイ伝統医学全体を理解することではありません。TTMA(特定非営利活動法人日本トラディショナルタイマッサージ協会)は、タイに伝わり発展を遂げた伝統医学の可能性を探り、今日の疾病の改善に役立つよう日々研究を重ねております。タイ伝統医学をどのように扱うかは、意見が分かれるところではありますが、それは単なる古代の文化としてではありません。今この瞬間にも、困った人を助けるための治療法として役立てていきたいものです。現在、タイ伝統医学を包括的に理解している人たちがタイ国内も含めて少ないのは事実です。それは人類の英知であり、国や地域にとらわれることなくそれに気づいた人たちが世界中で研究を始めています。TTMAでも、うつ病などの精神疾患の治療に応用したり、アンチエイジングや少子化対策の対応策としてタイ伝統医学を研究し、その臨床結果をみなさまにお伝えしています。

 
 
 

■世界の伝統医学

世界各地にはそれぞれ固有の伝統医学(traditional medicine)があります。伝統医学に対する明確な定義はなされていませんが、自然科学的手法や概念に基づく医学以外の、各地の文化に根ざし、古い歴史をもつ医学と考えていいでしょう。伝統医学の歴史は数千年に及びます。それに対し西洋医学はこの100年です。つまり、西洋医学の検証はまだ進んでいないということです。さまざまな治療法が生まれては消えていくという流れの中で、それが与える影響は治療を受けた自分自身ではなく、子や孫の代になって副作用として現れるかもしれません。私たちも西洋医学全体を決して否定してはいません。細菌やウィルスなど世界的に打撃を与えたような病魔から多くを救ってきたからです。しかし、西洋医学のみが全て正しく伝統医学が愚であるとは決して言いきれないものです。事実、21世紀に入って伝統医学のすぐれた部分と西洋医学との統合が進んでいます。近年では「統合医療」という言葉も現れ、「統合医療」とは、近代西洋医学を中心として伝統医学や相補・代替医療を適宜合わせて行う医療のことをいいます。世界格国に残る伝統医学は今後も注目されていくことでしょう。私たちは、病院に通いながらも鍼灸治療を受けたり、漢方薬を飲んだり、あるいは健康食品を試したり、アロマセラピーやマッサージ、ヒーリングを受けたりしています。西洋医学の治療を受けながら、他の民間療法や自然療法も試しながら、自分自身で健康管理を行っていくというのが、世界的な傾向になってきました。

 
 

■タイ伝統医学における病気の原因

1、ソムットターン(タイ伝統医学における宇宙の構成要素)
2、ウトゥ・ソムットターン(季節、気候)
3、アユ・ソムットターン(年代)
4、プラテート・ソムットターン(土地)
5、ガーン・ソムットターン(時間)
6、ロークグート(生活習慣)

 
 

■タイ伝統医学における宇宙の構成要素である「タート」「ソムットターン」

タイ古式マッサージは、古代インド医学であるアーユルヴェーダの影響を強く受けています。アーユルヴェーダでは、宇宙の構成要素を5つ(空・風・火・水・地)に分けているのに対し、タイ伝統医学では(土、水、風、火)の4つに分類しています。そして宇宙と人間の体はそれぞれが分離しているわけではなく、相対関係にあるという認識に立っているので、人体もまた4要素で成り立っていると考えられています。これらの4大要素をタートまたはソムットターンといいます。

「土」は体の20器官を構成し、「水」は体内を流れる12の液体を作り出し、「風」は体の6つの動きを織り成し、そして「火」は体の4つの熱を生成すると考えられています。 これらの4つの要素が良いバランスを保っているとき、身体は正常に機能します。また、これらの4つの要素のうち、ひとつだけが突出して目立つもので、これを「ジャオルアン」といいます。「ジャオルアン」は、母親の胎内にいるときに決まるもので、通常6歳までは変化しないといわれています。その後の育ち方や環境、食生活で変化することもあります。これらのバランスが崩れることで病気の原因になると考えられており、それぞれの人に違った性格や性質があるように、ひとりひとりに体質が区分されます。自分自身の体質を知っておくとよいでしょう。

1、タート・ディン
「土」 の要素で燃やすと土に返る性質を持つものをさします。

□「土」が構成する20の器官
髪、毛、爪、歯、皮膚、筋肉、靭帯、骨、骨髄、脾臓、心臓、肝臓、筋膜、腎臓、肺臓、大腸、小腸
新しく食べた物、古い食べ物、脳、脊髄

□ジャオルアンが「土」の場合
体格は大きく、肌はやや黒く、髪は多く黒い。声は大きくよく通り、骨は丈夫で太い。体重は重く、肥えていて頑丈で、各器官も健康である。

2、タート・ナーム
「水」 の要素で流れたり浸透したりする性質を持つものをさします。

□「水」が構成する12の液体
血液、汗、胆汁、痰、膿、涙、リンパ液、脂肪、唾液、尿、鼻水、滑液

□ジャオルアンが「水」の場合
身体や身体の各器官は健康で、スタイルが良く、肌ははりがあって明るい。 目がきれいで涙が多く、歩き方のバランスがよい。髪は美しく、量が多い。食事や行動はゆっくりしていて、飢え、寒さ、暑さに我慢強い。声がよく通り、性欲が強く子供が多い。消極的で怠惰な部分がある。

3、タート・ロム
「風」 の要素で動くことができる軽い性質を持つものをさします。

□「風」が構成する6つの動作
頭から足への風(動き)、足から頭への風(動き)、腹の中の風(動き)、胃や腸の中の風(動き)、血液の風(動き)、呼吸の風(動き)

□ジャオルアンが「風」の場合
乾燥肌でかさつきやすく、痩せ型。髪は薄く、関節は動かすと音を立てる。臆病で嫉妬心が強い。熱しやすく冷めやすい。寒さに弱く、不眠がち。おしゃべりだが声は低く不明瞭。性欲は淡白で子供が少ない。

4、タート・ファイ
「火」 の要素で燃焼して熱を発生させる性質を持つものをさします。

□「火」が構成する4つの熱
体温の火(熱)、高熱の火(熱)、老化の火(熱)、消化の火(熱)

□ジャオルアンが「火」の場合
髪、体毛、ひげはやわらかく、若くして白髪になりやすい。お腹が空いて食欲が旺盛。暑さに弱く、忍耐力にかけ、せっかち。関節のしまりが悪く、口臭や体臭が強い。性欲は中程度。

 
 

■季節や気候が病気の原因となる「ウトゥ・ソムットターン」
季節が変わると、気温や湿度、風、気圧などが変化し、人間の身体はその環境へと適応しなければなりません。しかし、もしうまく適応できなければ、バランスを崩し病気になってしまいます。特に季節の変わり目にはバランスを崩しやすいものです。時季を「ルドゥー」といいますが、1年間を3分割してそれぞれのルドゥーごとの特徴があります。

1、キムハ・ルドゥー(4月後半~8月前半)
夏季を意味するキムハ・ルドゥーでは、ソムット・ターンが暑い気候に対応することで身体を維持しています。暑いのに慣れている身体ですが、時折雨などで寒さを感じる時があります。こういう時には、「火」(タート・ファイ)が病気の基本原因となります。

2、ワッサン・ルドゥー(8月後半~12月前半)
雨季を意味するワッサン・ルドゥーでは、ソムット・ターンが湿度に対応することで身体を維持しています。湿度が高い時季にも、時折暑さと寒さが混じることがあります。こういう時には、「風」(タート・ロム)が病気の基本原因となります。

3、ヘーマン・ルドーゥー(12月後半~4月前半)
冬季を意味するヘーマン・ルドゥーでは、ソムット・ターンが寒さに対応することで身体を維持しています。この時期に暑さや寒さを感じることがあります。こういう時には「水」(タート・ナーム)が病気の基本原因となります。

 
 

■年齢が病気の原因となる「アユ・ソムットターン」
アユ・ソムットターンでは、人間の年齢を3つに分けて考えています。

1、パトム・ワイ(0歳~16歳)
幼年期には「水」 (タート・ナーム)が病気の基本原因となります。

2、マッチマ・ワイ(16歳~32歳)
壮年期には「火」(タート・ファイ)が病気の基本原因となります。

3、パッチム・ワイ(32歳~)
老年期には「風」 (タート・ロム)が病気の基本原因となります。

 
 

■住む場所や風土が病気の原因となるプラテート・ソムットターン
人は生まれた土地の影響を受けているという考え方です。それぞれの気候に慣れ親しんだソムット・ターンがあるため、引越しなどで違った環境で生活するようになると、病気の原因となる場合があります。

1、プラテート・ローン(暑い土地の意味)
山岳民族など高地に生まれた人は「火」(タート・ファイ)が病気の基本原因となります。

2、プラテート・ウン(温かい土地の意味)
砂混じりの水のある場所に生まれた人は「水」(タート・ナーム)が病気の基本原因となります。

3、プラテート・イェン(涼しい土地の意味)
雨が多い湿地帯に生まれた人は「風」 (タート・ロム)が病気の基本原因となります。

4、プラテート・ナーウ(寒い土地の意味)
海辺に近い湿地帯に生まれた人は「地」 (タート・ディン)が病気の基本原因となります。

 
 

■時間による起こる病気の原因となる「ガーン・ソムットターン」
1日の中の時間帯によっても生じる病気に特徴があります。これは、身体のソムット・ターンが変化しているためであると考えられています。

1、6時~10時、18時~22時に増大する「水」(タート・ナーム)
鼻水が出たり、下痢をするなど

2、10時~14時、22時~2時に増大する「火」(タート・ファイ)
発熱や腹痛など

3、14時~18時、2時~6時に増大する「風」(タート・ロム)
めまい、倦怠感、疲労など

 
 
 
 
 TTMAトピックス
特集:TTMAの絶対お奨めサロン
特集:ゴッドハンドを持つセラピスト
タイマッサージ無料体験セミナー

タイマッサージde独立開業しよう!

タイマッサージでトクすること
動画で見よう!タイ古式マッサージ
スクール修了証とTTMA認定証
TTMAの定める基礎と応用段階
危険がいっぱい!非公認サロン
メタボリック症候群にも効果的
ストレスマネージメントにも有効
タイマッサージ塾 塾長募集
タイマッサージサロン開業のコツ
マッサージで使える簡単タイ語講座
セラピスト会員の年会費納入方法
セラピスト会員無料勉強会
ハーブボール卸売り販売
睾丸マッサージ「ジャップカサイ」
作ろう!オーガニックカクテル
開業資金を計算しよう!
経営感覚はバランス感覚
個人事業チェックシート
不況下で生き残る方法
未経験から分割で学ぶ奨学制度
 
 広告宣伝
TTMAリンク集に追加掲載
求人情報を掲載しよう!
ニュースページに広告を出そう!
トップページに広告を出そう!
メールマガジンで案内しよう!
特集ページでPRしよう!
広告掲載料金一覧
 
 お問い合わせ(なんでも110番)
セラピストの就職転職
サロンへの不満とクレーム
資格取得へのアドバイス
施術法に関するアドバイス
 
 サロン開業ビジネスサポート
TTMAリンク集に追加掲載
施術における事故保障
TTMAへの関連情報提供
TTMA会員・IDカード
市場調査/マーケティング
ビジネスコンサルティング
ロゴマークデザイン
パンフレットデザイン
サロンカード/名刺デザイン
ホームページデザイン
内装設計/インテリアデザイン
就業規則/契約書作成
サロン運営マニュアル制作請負
サロンスタッフ接客トレーニング
サロングッズ
 
 イベント
タイ伝統医学講演
参加型体験レッスン講演
タイマッサージビジネス講演
イベント/セラピスト出張派遣
 
 
 
 
 
 
 
 


Copyright (C) NPO TRADITIONAL THAI MASSAGE ASSOCIATION JAPAN 2000