タイ古式マッサージ
タイ古式マッサージの概略
タイ古式マッサージの歴史
タイ古式マッサージの理論
タイ古式マッサージの効果
タイ古式マッサージの流派
タイ古式マッサージテクニック
 
 タイ伝統医学と予防医学
タイ伝統医学
伝統医学の本質
タイ国王と時代背景
創始者シヴァカゴーマラバット
タイ仏教とのかかわり
マントラ
アーユルヴェーダとのかかわり
中医学とのかかわり
エネルギーライン セン
東洋医学経絡との比較
エネルギーワークとして
サムンプライの活用
ハーブの活用
代表的なアロマの効果効能
アロマセラピーの活用
ゾーンセラピーの活用
冷え
ガン
デトックス
ファイトケミカル
自然治癒力を高める方法
タイマッサージの現況と今後
代替医療としてのタイマッサージ
伝統医学による体調カウンセリング
 
 伝統医学施術法
ボディケア
タイ古式マッサージバンコクスタイル
タイ古式マッサージチェンマイスタイル
タイ古式マッサージTTMAスタイル
エルボープレス/ニープレス
ダブルヨガフリースタイル
症状別実践テクニック
ハーブボールマッサージ
アドバンスハーブボールマッサージ
ロイヤルタイマッサージ
クリームタイマッサージ
パウダータイマッサージ
トークセン 木槌療法
シンギングボウメディテーション
アユルヴェーディックタイマッサージ
リフレクソロジー/フットマッサージ
アロマセラピー/アロマテラピー
フェイシャルマッサージ
ヘッドマッサージ
フットプレス
プラーナヒーリング
チネイザン 氣内臓療法
ジャップカサイ 睾丸療法
ヨクトーン 子宮卵巣療法
タイ式ヨガ ルーシーダットン
 
 セラピスト・治療家業界
タイ古式マッサージ業界の知識
セラピストの心得と道徳
体調カウンセリング方法
症状別施術注意事項
解剖生理学的基礎知識
リラクゼーション業界用語集
日本におけるタイ人の雇用
雇用契約と業務委託契約
労務管理の法的基準
労使間トラブルQ&A
 
 TTMA資格ガイダンス
TTMA公認資格概要
資格ガイドマップ
認定試験概要
H級資格
R級資格
C級資格
B級資格
A級資格
AA級資格
AAA級資格
 
 TTMA
TTMA活動趣旨
TTMA活動内容
TTMA無料賛同会員募集
TTMAセラピスト会員募集
TTMAセラピスト求人情報
TTMA公認セラピスト会員紹介
TTMA公認サロン紹介
TTMA公認スクール紹介
TTMAインフォメーション
 
ホームへ戻る
アロマセラピーの活用
 
アロマセラピーの活用

■アロマセラピーの活用

アロマセラピーとは、「植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法」と定義されています。植物がもっている香りを、心身の癒やしに役立てようという考え方は、古代エジプトの壁画に香油の壺や香炉が描かれるように、数千年前からありました。植物(香草、薬草)の花、葉、茎、根、樹皮などから水蒸気蒸留で抽出した精油を用いて健康に役立てるという考え方は現代において一般的なものです。アロマセラピーは芳香療法として行う場合と、マッサージトリートメントとして施術を行う場合もアロマセラピーと言います。

香りを感じる「臭覚」は人間が備える感覚機能の一つです。感覚には他に、視覚、聴覚、触角、味覚がありますが、この五つを総称して「五感」といいます。臭覚は鼻を通じて感じる感覚ですが、実はこの臭覚の仕組みや特性については、他の感覚に比べて研究が遅れていた分野dした。動物が匂いを認識し、記憶するメカニズムを解明した2人の米国科学者に対して、ノーベル生理医学賞が与えられたのは2004年度のことです。この研究の内容は「臭覚受容体遺伝子と臭覚システムの発見」であり、「最も謎に包まれた人間の感覚」を解明した事が高く評価されたものでした。香りの物質が鼻に入り、脳に伝わって感知、認識される仕組みが、つい最近になってようやく明らかにされたわけです。

臭覚は人間の五感のうちでも最も原始的、本能的な感覚で、人間の生存にストレートに結びついている大切な感覚です。空気中に漂う香りの物質は、まず鼻腔内にある嗅上皮の粘膜にキャッチされ、嗅細胞に受容されて刺激を与えます。ここで香りの物質という「化学的な信号」は「電気的な信号」に変換され、嗅神経を経て、脳の大脳辺縁系に達します。人間の脳は、脳幹、小脳、大脳辺縁系、大脳新皮質と大きく四つの部位からなっていますが、このうち大脳新皮質は人間の進化の過程で新しく発達した「新しい皮質」です。思考や理性などを司っている「人間らしく考える脳」といえよう。一方で、人間が進化する前の性質(動物として生きのびていくために必要な性質)である食欲、性欲といった本能的な行動、あるいは喜びや悲しみなどの情動、記憶などを支配しているのが「古い皮質」すなわち大脳辺縁系です。これは味覚や触覚についても同様でなのですが臭覚の情報だけは、嗅神経から直接、大脳辺縁系へと伝達されるのです。つまり大脳新皮質へ入って思考や理性というフィルターを通さず、直接、人間の記憶や情動を支配している大脳辺縁系へ到達するわけです。これが意味することは実はとても大きいのです。野生の動物は、生命に維持に大きく関わる情報を察知するのに、真っ先に臭覚が働きます。例えば生死に関わる危険が迫っている時には、目による視覚、耳による聴覚よりも早く、鼻の臭覚がそれを察知します。敵が出現した時や、逆に食料となる獲物が現れた時には、いち早くニオイを嗅ぎつけることで、それに対処する行動をとるわけです。臭覚が、原始的、本能的な部位である大脳辺縁系と直接結びついているのは、こうした理由があるからなのです。サロンにおいて、自宅において、アロマセラピーの芳香をうまく活用することは、無意識化で潜在意識に影響を与えます。脳に直接作用して気分を変え、ストレスを軽減させることで、健康状態を保つことができたり、他人への印象を左右させたりします。リラクゼーション業界においても、アロマセラピーの利用はもっともっとポピュラーなものになるでしょう。

 
 

■アロマセラピートリートメントとは

アロマセラピートリートメントは、精油(エッセンシャルオイル)を使ってボディトリートメントを行うことができます。アロマセラピートリートメント(アロママッサージ)はリンパの流れを促進して、抵抗力をアップさせてくれます。力加減によっては、血行をよくし、筋肉の緊張をほぐしてリラックスさせてくれます。精油(エッセンシャルオイル)を使ったトリートメント(マッサージ)は、そのマッサージの効果に加え、精油の成分が直接皮膚から吸収され、鼻からも香りがとり入れられるのでさらに相乗効果が得られます。心と体のふれあいを通して互いに癒し、癒される効果があります。アロマトリートメントには精油(エッセンシャルオイル)を使いますが、精油(エッセンシャルオイル)は肌に直接つけることはできないので、キャリアオイル(植物油)で希釈(薄めて)して使います。もちろんキャリアオイル(植物油)だけでトリートメントしてもかまいません。

 
 

■アロマセラピートリートメントのやり方

アロマトリートメント(マッサージ)のやり方も決して難しいものではありません。基本的には自分の気持ちのいいようにやればいいという感じです。アロマセラピートリートメントは入浴後がもっとも効果的ですが、シャワーや足浴などで身体を温める方法でもOKです。部屋は快適な温度にしておきましょう。特に冬などは体が冷えないようにバスタオルなどを用意しておくとよいでしょう。

まず、アロマトリートメントオイルを手に適量とり、両手によくなじませます。基本は心臓に遠い方から心臓へ向かって行います。、つまり手や足などの端の部分から体の中心に向かって行います。トリートメントしたい部分にオイルを薄くのばしながら、呼吸に合わせるようにゆったりとしたリズムで優しくさすったり揉んだりしてください。円を描くようにくるくるさせていくのもよいでしょう。途中で手のひらや指が滑りにくくなったらトリートメントオイルをたしてください。おなかは時計回りにクルクルと円を描くようにマッサージするとよいでしょう。精油(エッセンシャルオイル)の香りを感じながら自分が気持ちいいと思うことをやってみましょう。

 

■アロマセラピートリートメントの基本的なテクニック
(なでてさする)
やさしくなでるようにさすります。

(もむ)
手のひらや指で筋肉を揉みほぐします。
肩こりのほぐしやセルライトの除去の際に行います。

(押す)
指先で3~5秒押して、ゆっくり力を抜きます。

(こする)
手のひらでこすります。
血行がよくなってリンパの流れをよくします。
むくみや冷えなどの場合に行います。

トリートメント後はオイルを拭き取らずそのままにしておきます。オイルがトリートメント後も少しずつ肌に吸収され、身体に浸透していくからです。もしも、べたつきが気になるようであれば、タオルなどで軽く拭き取って次回からはオイルの量を少なくします。

アロマセラピートリートメント
 
 

■アロマセラピートリートメントにおける注意点

1、光毒性
精油(エッセンシャルオイル)の中には、皮膚につけた状態で、日光などの紫外線に当たると皮膚に炎症やシミを引き起こすものがあり、これを「光毒性」と呼んでいます。このような光毒性のある精油(エッセンシャルオイル)をトリートメント(マッサージ)に使用した後は、日光などの紫外線には当たらないように注意してください。光毒性のある精油(エッセンシャルオイル)とは柑橘系の精油の「ベルガモット」「レモン」「グレープフルーツ」などです。オレンジ・スイートは柑橘系の精油ですが、光毒性はないとされています。

2、赤ちゃん、子供のマッサージ
3歳未満の乳幼児には芳香浴以外はすすめられていません。小さなお子さんは体重も少なく抵抗力も弱いので、大人よりもエッセンシャルオイル(精油)の影響をより大きく受けてしまいます。精油(エッセンシャルオイル)を使ったトリートメントは避けてください。精油(エッセンシャルオイル)を使わない、キャリアオイルだけのトリートメントならかまいません。3歳以上のお子様にトリートメント(マッサージ)をする場合は、体重の違いを考えて、大人よりも少ない量で精油(エッセンシャルオイル)を使用してください。

 
 

■アロマトリートメントオイルの希釈濃度

アロマセラピートリートメントを行う場合には、精油(エッセンシャルオイル)を使いますが、精油(エッセンシャルオイル)は肌に直接つけることはできないので、キャリアオイル(植物油)などのベースオイルに希釈(薄めて)して使用します。もちろんキャリアオイル(植物油)だけでトリートメントしてもかまいません。キャリアオイル(植物油)もいろいろ種類があります。それぞれ特徴がありますので、自分に合うものを使ってください。精油(エッセンシャルオイル)を植物油キャリアオイルで薄めたものをトリートメントオイルと呼びます。トリートメントオイルを作るときに注意することは精油(エッセンシャルオイル)の希釈濃度は1%以下にするということです。

希釈濃度について精油(エッセンシャルオイル)をキャリアオイル(植物油)で希釈するときの濃度は、1%を基本にします。顔などの敏感な部分や、初めてトリートメントをするときや肌がデリケートな方は、さらに低い濃度にして使うことをおすすめします。多くの精油の容器は普通1滴づつたらすことができ、1滴が0.05mlになります。ですから、精油1滴に対してキャリアオイル5mlが希釈濃度1%になります。例えば20mlのキャリアオイルだと、精油の量はどれぐらいになるのでしょう。1%の濃度のトリートメントオイルをつくるためには、20ml×0.01=0.2mlの精油になります。0.2mlの精油が何滴に相当するかというと、精油1滴の量はおよそ0.05mlですので、0.2ml÷0.05ml=4滴となります。計算が面倒だったら、「精油1滴に対してキャリアオイル5ml」が1%ということを覚えておいて、例えば精油が5滴だったら、キャリアオイルは5×5=25mlになります。

 
 

■吸入法

アロマテラピーは、精油(エッセンシャルオイル)を使って芳香浴、アロマバス、湿布、トリートメントなど、いろいろな楽しみ方、使い方ができます。かぜやのどの痛みなど呼吸器系の不調を緩和するのに有効なのが、吸入法です。吸入法というのは、精油(エッセンシャルオイル)をハンカチやティッシュなどに1~2滴落とし、鼻の近くにもっていき、香りの成分を積極的に吸い込む方法です。また、蒸気吸入法として洗面器などに熱めのお湯をはり、そこへ3滴以下の精油(エッセンシャルオイル)を落とし、その蒸気を吸入する方法もあります。女性は、顔に当たる美容効果をかねて蒸気吸入法をすることが多いようです。蒸気吸入のときは目を閉じておきましょう。洗面器を使う場合は、湯気が逃げないようにバスタオルなどを頭にかぶります。湯気が立たなくなったら精油(エッセンシャルオイル)ではなく、お湯を足してください。蒸気吸入法はやや刺激が強いので、せきが出る時やぜんそくの方や敏感肌の方は避けてください。 長い時間の吸入はさけましょう。時間は5分ほどでよいでしょう。

 
 TTMAトピックス
特集:TTMAの絶対お奨めサロン
特集:ゴッドハンドを持つセラピスト
無料体験セミナー参加者募集

タイマッサージde独立開業!

タイマッサージでトクすること
動画で見ようタイマッサージ
スクール修了証とTTMA認定証
TTMAの定める基礎と応用段階
メタボリック症候群にも効果的
ストレスマネージメントに有効
タイマッサージ塾 塾長募集
マッサージサロン開業のコツ
使える簡単タイ語講座
セラピスト会員年会費納入方法
セラピスト会員無料勉強会
ハーブボール卸売り販売
睾丸マッサージジャップカサイ
作ろう!オーガニックカクテル
開業資金を計算しよう!
経営感覚はバランス感覚
個人事業チェックシート
不況下で生き残る方法
未経験から分割で学ぶ奨学制度
伝統は進歩の最大の敵
施術における事故保障
 
 お問い合わせ
セラピストの就職転職
サロンへの不満とクレーム
資格取得へのアドバイス
施術法に関するアドバイス
 
 ビジネスサポート
 
独立開業ビジネスサポート
 
 
 
 
 
 
 
 


Copyright (C) NPO TRADITIONAL THAI MASSAGE ASSOCIATION JAPAN 2000