タイ古式マッサージ
タイ古式マッサージの概略
タイ古式マッサージの歴史
タイ古式マッサージの理論
タイ古式マッサージの効果
タイ古式マッサージテクニック
日本における偏見と現況
代替医療としてのマッサージ
 
 タイ伝統医学
タイ王国伝統医学的背景
マントラ
創始者シヴァカゴーマラバット
タイ国王と時代背景
タイ仏教とのかかわり
サムンプライ
ルーシーダットン
 
 代替医療と予防医学
代表的なアロマの効果効能
アロマセラピー
リフレクソロジー
アーユルヴェーダ
アユルヴェタイマッサージ
プラーナヒーリング
 
 施術における注意点
セラピストの心得と道徳
問診方法
解剖生理学的知識
症状別施術注意事項
 
 タイマッサージビジネス
日本における法的概念
日本におけるタイ人の雇用
雇用契約と業務委託契約
労務管理の法的基準
労使間トラブルQ&A
 
 TTMA
活動趣旨
活動内容
無料賛同会員募集
セラピスト会員募集
公認サロン募集
公認スクール募集
ボランティアスタッフ募集
賛助企業募集/寄付のお願い
営業開始の届出
 
 TTMA認定資格ガイダンス
TTMA公認資格概要
資格ガイドマップ
認定試験概要
D級資格
R級資格
C級資格
B級資格
A級資格
AA級資格
AAA級資格
 
 TTMA情報提供
セラピスト求人情報
TTMA公認セラピスト会員紹介
TTMA公認サロン紹介
TTMA公認スクール紹介
リラクゼーション業界用語集
インフォメーション
 
ホームへ戻る
タイ古式マッサージの理論
 
タイ古式マッサージの理論

■セン(エネルギーライン)
 タイ古式マッサージ「ヌアボーラン」は、人体に「セン」と呼ばれるエネルギーラインが流れているという考え方の上に成り立っています。このセンは目に見えないもので、解剖学上確かめることはできません。このエネルギーラインの考え方は、インド医学(アーユルヴェータ)にも存在しており、ヌアボーランが、インドを起源とするヨガの影響を明らかに受けていることがよくわかります。 中国の経路にもこのようなエネルギーラインが存在しますが、これらは似通っていますが決して一致していません。目には見えないけれども、確実に作用する力。それこそが不可思議なエネルギーであり、それが「気」なの です。 東洋医学全般にこのような「気」の流れる道があるとされ、まさにタイ古式マッサージ・ヌアボーランも東洋医学のひとつであることがわかります。

 人間は、自分を取り巻く宇宙エネルギーと常にバランスを保ちながら、肉体や精神を維持しています。呼吸によって吸収された空気や食事によって吸収された食物は、人体に入ってから生命エネルギー(プラーナ/気)に変わり、エネルギーラインを通 って全身に供給されます。つまり、エネルギーラインは、自分と宇宙エネルギーを結ぶ掛け橋の役割をしているのです。エネルギーラインは、10本のセンのほか、網の目状にめぐる気道72000本のナーディーを加えて「2番目の皮膚」「2番目の身体」として人体を形成しています。たとえば、人間が具合が悪いという状態は、生命エネルギー(プラーナ)の供給が妨害され、不足した状態と考えられます。そこで、マッサージによってエネルギーラインに刺激を与え、生命エネルギー(プラーナ)の流れを正常にしていくというわけです。

 プラ-ナとは、サンスクリット語で「古い伝説」という意味。ヒンズー教の教えで神々を讃える内容のこと。インド医学では、体内に宿るエネルギーのことをこう呼びます。それは大きな活力を持ち、ときに激しく運動するというもの。このプラ-ナが渦巻きのように凝縮した場所がチャクラなのです。

  ヌアボーランでは、エネルギーラインの中でも特に重要とされる10本の全身のセンを刺激するようにして施術を行います。その中でも6本が足(足裏~足の付け根)の部分に集中しているため、通常のヌアボーランでは、足の部分のマッサージからスタートします。そして、全体の中でもその割合が多いというのも、他のマッサージと比較した場合のひとつの特徴と言えるでしょう。「セン」というエネルギーラインの存在自体は、解剖学上確認できませんが、最近の研究によって、ヌアボーランの効果 が、肉体や内臓に対して非常に有効的であると、立証されはじめてているのです。 現代では、「気/プラ-ナ」の存在も明らかになってきています。その存在は、波動で確認できます。波動は目には見えないレベルの細かな振動で、世の中のすべての物質はそれぞれに違った形の波動をもっています。クオーツ時計(水晶時計)は、正確に時を刻みますが、この原理は水晶の振動を利用したものであるように、現代産業においても用いられています。

■10本のセンと適応症状
 タイ医学では、それぞれのセンごとにどんな症状の場合に、このライン上を施術するか、以下のように定められています。10本のセンも左右で呼び方が違い、ラインとしては6本ということになります。各流派ごとの定められた基本のスタイルでは、特にこれらを分けて施術することはありませんが、 治療目的で行なう場合には、これらのセンを用途別に使い分けることになります。考え方は中国医学の経路と同じように考えられるわけです。(以下、転写厳禁)

セン・スマナ
(Sen Summana)
(中央)舌先~喉~胸~みぞおち
※このラインはヨーガでいうスシュムナ・ナーディーに近い
[適応] ぜんそく、気管支炎、胸部の痛み、吐き気、風邪、咳、喉の疾患、腹痛、躁病、心臓病、横隔膜のけいれん、上半身のマヒ、消化器系疾患、白昼夢など
セン・イッタ
(Sen Ittha)
(左)左の鼻孔~頭頂部~首~背中1stライン~臀部 ~脚外側3rdライン~膝~脚内側1stライン~腹部~へそ左横のポイント (セン・ピンカラの反対側)
※このラインはヨーガでいうイダナーディー、中国医学の膀胱経の一部に近い
[適応]鼻の不快感、副鼻孔疾患、 頭痛、首こり、 背中の痛み、風邪、膝の痛み、貧乏ゆすり、泌尿器官疾患、腹痛など
セン・ピンカラ
(Sen Pingkhala)
(右)右の鼻孔~頭頂部~首~背中1stライン~臀部 ~脚外側3rdライン~膝~脚内側1stライン~腹部~へそ右横のポイント(セン・イッタの反対側)
※このラインはヨーガでいうピンカラナーディー、中国医学の膀胱経の一部に近い
[適応]鼻の不快感、副鼻孔疾患、 頭痛、首こり、 背中の痛み、風邪、膝の痛み、貧乏ゆすり、泌尿器官疾患、腹痛、および肝臓疾患、胆のう疾患など
セン・カラタリ
(Sen kalayhari)
(上)へそ~腹部~胸部~両肩~両腕内側~手~指関節~指先
(下)へそ~鼠経部~両脚内側2ndライン~足~足底ポイント3~足指先
[適応] 消化器系疾患、消化不良、背中の痛み、背骨の痛み、腕の痛み、腕のマヒ、脚の痛み、脚のマヒ、膝の痛み、指の関節炎、胸の痛み、ヘルニア、てんかん、卒中、精神分裂症、ヒステリー、精神障害、不整脈、狭心症、リウマチ性心臓病、静脈炎、黄疸、百日咳など

セン・サハサランシ
(Sen Sahatsarangsi)

(左)左目~喉~胸部左側~腹部左側~脚外側1stライン~足底~脚内側1stライン~鼠経部~へそ下ポイント
※このラインは中国医学の胃経の一部に近い (セン・タワリの反対側)
[適応] 顔面マヒ、歯痛、喉の痛み、目の充血、目の腫れ、白内障、目の機能障害、胸の痛み、胃腸病、泌尿器系疾患、発熱、脚のマヒ、脚のしびれ、膝関節痛、ヘルニアなど
セン・タワリ
(Sen Thawari)
(右)右目~喉~胸部右側~腹部右側~脚外側1stライン~足底~脚内側1stライン~鼠経部~へそ下ポイント
※このラインは中国医学の胃経の一部に近い (セン・サハサランシの反対側)
[適応]顔面マヒ、歯痛、喉の痛み、目の充血、目の腫れ、白内障、目の機能障害、胸の痛み、胃腸病、泌尿器系疾患、発熱、脚のマヒ、脚のしびれ、膝関節痛、ヘルニアおよび黄疸、虫垂炎など
セン・ラウサン
(Sen Lawusang)
(左)左耳~喉の左側~胸部左側~乳首左側~みぞおち
※ (セン・ウランガの反対側)
[適応] 耳の疾患、 難聴、耳鳴り、咳、顔面マヒ、歯痛、胸の痛み、胃腸障害など
セン・ウランガ
(Sen Uragka)
(右)右耳~喉の右側~胸部右側~乳首右側~みぞおち
※ (セン・ラウサンの反対側)
[適応] 耳の疾患、 難聴、耳鳴り、咳、顔面マヒ、歯痛、胸の痛み、胃腸障害および不眠症、皮膚下のかゆみなど
セン・ナンタクラワット
(Sen Nathakrawat)
セン・シキ二
(Sen Sikhini)
へそ~尿道~尿道口
セン・スクマン
(Sen Sukhumang)
へそ~結腸~肛門
[適応] ヘルニア、頻尿、不妊症、生理不順、性的不能、早漏、尿閉、下痢、腹痛など
セン・キチャナ
(Sen Khitchanna)
セン・ピタクン
(Sen Pitakun)
(男性)へそ~陰茎
セン.キチャ
(Sen Kitcha)
(女性)へそ~子宮~膣
[適応] ヘルニア、頻尿、不妊症、生理不順、性的不能、早漏、尿閉、下痢、腹痛および性的衝動の安定

■中国医学に見る身体論
  中国医学でも、人体の活動を担う本質は、臓器である五臓六腑ではなく、その中を流れるものにあると考えられています。臓器や消化器官、骨格は、入れ物に過ぎず、その中を流れる「気」と「血」が重要なのです。中国医学においても、「セン」と同じように全身を流れる「経路」があります。「経路」は、「気」と「血」が流れるルートで、十二経脈には手太陰肺経、足太陰脾経など、身体の役割と臓器にちなんだ名前が付いている。「気」は、気力の気、元気の気であり、身体を動かす目に見えないエネルギーをいいます。「血は」身体を養う栄養素であると同時に栄養素を運ぶ役割を担っています。西洋医学でいう血液よりもかなり広い意味をもっています。「水」は身体に潤いを与えるもので、「気血」は身体を温めますが、「水」は身体を冷やす役割をしています。経穴(ツボ)は、経路上にある点で、 経路を電車の路線に例えれば 、経穴は駅にあたります。1970年代の中国では、患者に鍼を刺した時の痛み響きの走る路と考えた医師もいたが、はっきりとした結論は出ていません。

「気滞」気が過剰で、体内で滞った状態

・イライラしやすい。
・下腹部に膨満感や痛みがある。
・ 腹部にガスがたまりやすい。
・ストレスがたまりやすい。
・ストレスによる偏頭痛がある。
・脇腹が痛むことがある。
・ストレス性の胃炎や胃痛がある。
・耳鳴りがする。
・げっぷがよく出る。
・下痢と 便秘をくり返す。

「気虚」気が不足した状態
・体が疲れやすい。
・気分が滅入りがちだ。
・食が細い。
・下痢しやすい。
・汗をかきやすい。
・食後はすぐに眠くなる。
・消化不良や胃もたれを起こしやすい。
・寒がりである。
・寝起きが悪い。
・気力が続かず,がんばりが効かない。
「お血」血が過剰で体内で停滞した状態
・肩や首の凝りがひどい。
・痔疾があるか、痔になりやすい。
・皮膚が黒ずみやすく,あざがある。
・夜になると肩こりや腰痛が悪化する。
・舌が紫色か、紫や黒の斑点がある。
・体のどこかがしびれる。
・手足の先が冷える。
・血圧が高めである。
・シミやソバカスができやすい。
・顔や手のひらが赤い。
「血虚」血が不足した状態
・冷え症である。
・めまいや立ちくらみがする。
・貧血ぎみである。
・疲れやすい。
・目が疲れやすく,かすむ。
・ぐっすり眠れないと 感じる。
・顔色が白い。
・つめの色が白い。
・髪がパサつき,切れやすい。
・肌が乾燥ぎみである。
「痰飲」水が過剰で停滞した状態
・むくみやすい。
・体が重く、だるい。
・湿度が高いと調子が悪い。
・舌苔があつい。
・食欲があまりない。
・水分を取り過ぎると調子が悪い。
・たんがよく出る.
・太り気味である。
・お酒を飲むと下痢をする。
「陰虚」水が不足した状態
・口がよく渇く。
・ほてったり、のぼせたりする。
・疲れやすい。
・から咳をよくする。
・にぶい腰痛がある。
・便秘ぎみで,コロコロとした便が出る。
・肌が乾燥している。
・舌の赤みが強く、舌苔が薄い。
・やせている。
・尿の出が悪い.

 

| JAPANESE | ENGLISH | THAI |
 TTMAトピックス
特集:TTMAの絶対お奨めサロン
特集:ゴッドハンドを持つセラピスト
タイマッサージ無料体験セミナー

タイマッサージde独立開業しよう!

タイマッサージでトクすること
動画で見よう!タイ古式マッサージ
スクール修了証とTTMA認定証
TTMAの定める基礎と応用段階
危険がいっぱい!非公認サロン
メタボリック症候群にも効果的
ストレスマネージメントにも有効
タイマッサージ塾 塾長募集
タイマッサージサロン開業のコツ
マッサージで使える簡単タイ語講座
セラピスト会員の年会費納入方法
セラピスト会員無料勉強会
ハーブボール卸売り販売
睾丸マッサージ「ジャップカサイ」
作ろう!オーガニックカクテル
開業資金を計算しよう!
経営感覚はバランス感覚
個人事業チェックシート
不況下で生き残る方法
未経験から分割で学ぶ奨学制度
 
 広告宣伝
TTMAリンク集に追加掲載
求人情報を掲載しよう!
ニュースページに広告を出そう!
トップページに広告を出そう!
メールマガジンで案内しよう!
特集ページでPRしよう!
広告掲載料金一覧
 
 お問い合わせ(なんでも110番)
セラピストの就職転職
サロンへの不満とクレーム
資格取得へのアドバイス
施術法に関するアドバイス
 
 サロン開業ビジネスサポート
TTMAリンク集に追加掲載
施術における事故保障
TTMAへの関連情報提供
TTMA会員・IDカード
市場調査/マーケティング
ビジネスコンサルティング
ロゴマークデザイン
パンフレットデザイン
サロンカード/名刺デザイン
ホームページデザイン
内装設計/インテリアデザイン
就業規則/契約書作成
サロン運営マニュアル制作請負
サロンスタッフ接客トレーニング
サロングッズ
 
 イベント
タイ伝統医学講演
参加型体験レッスン講演
タイマッサージビジネス講演
イベント/セラピスト出張派遣
 
日本ヌアボーランスクール
 
 
タイマッサージ塾
 
NBSチェンマイ


Copyright (C) NPO TRADITIONAL THAI MASSAGE ASSOCIATION JAPAN 2000