タイ古式マッサージ
タイ古式マッサージの概略
タイ古式マッサージの歴史
タイ古式マッサージの理論
タイ古式マッサージの効果
タイ古式マッサージの流派
タイ古式マッサージテクニック
 
 タイ伝統医学と予防医学
タイ伝統医学
伝統医学の本質
タイ国王と時代背景
創始者シヴァカゴーマラバット
タイ仏教とのかかわり
マントラ
アーユルヴェーダとのかかわり
中医学とのかかわり
エネルギーライン セン
東洋医学経絡との比較
エネルギーワークとして
サムンプライの活用
ハーブの活用
代表的なアロマの効果効能
アロマセラピーの活用
ゾーンセラピーの活用
冷え
ガン
デトックス
ファイトケミカル
自然治癒力を高める方法
タイマッサージの現況と今後
代替医療としてのタイマッサージ
伝統医学による体調カウンセリング
 
 伝統医学施術法
ボディケア
タイ古式マッサージバンコクスタイル
タイ古式マッサージチェンマイスタイル
タイ古式マッサージTTMAスタイル
エルボープレス/ニープレス
ダブルヨガフリースタイル
症状別実践テクニック
ハーブボールマッサージ
アドバンスハーブボールマッサージ
ロイヤルタイマッサージ
クリームタイマッサージ
パウダータイマッサージ
トークセン 木槌療法
シンギングボウメディテーション
アユルヴェーディックタイマッサージ
リフレクソロジー/フットマッサージ
アロマセラピー/アロマテラピー
フェイシャルマッサージ
ヘッドマッサージ
フットプレス
プラーナヒーリング
チネイザン 氣内臓療法
ジャップカサイ 睾丸療法
ヨクトーン 子宮卵巣療法
タイ式ヨガ ルーシーダットン
 
 セラピスト・治療家業界
タイ古式マッサージ業界の知識
セラピストの心得と道徳
体調カウンセリング方法
症状別施術注意事項
解剖生理学的基礎知識
リラクゼーション業界用語集
日本におけるタイ人の雇用
雇用契約と業務委託契約
労務管理の法的基準
労使間トラブルQ&A
 
 TTMA資格ガイダンス
TTMA公認資格概要
資格ガイドマップ
認定試験概要
H級資格
R級資格
C級資格
B級資格
A級資格
AA級資格
AAA級資格
 
 TTMA
TTMA活動趣旨
TTMA活動内容
TTMA無料賛同会員募集
TTMAセラピスト会員募集
TTMAセラピスト求人情報
TTMA公認セラピスト会員紹介
TTMA公認サロン紹介
TTMA公認スクール紹介
TTMAインフォメーション
 
ホームへ戻る
タイ古式マッサージの理論
 
タイ古式マッサージの理論

■タイ古式マッサージとタイ伝統医学

タイ古式マッサージだけが突出して有名な施術になりましたが、タイマッサージはタイ伝統医学の中のひとつの施術法であって、決して「タイマッサージ=タイ伝統医学」ではありません。タイ伝統医学は、その内容を見る限り、独自の古典医学理論であって、古代インド医学アーユルヴェーダや中医学の影響を強く受けていることがわかります。エネルギーライン「セン」を圧迫していくのは中医学の経絡の考え方によるものですし、インド由来のヨガはナーディと呼ばれるエネルギーラインを意識しながら行行うものです。ストレッチはもちろんヨガや太極拳の影響を受けたものであって、世界中の伝統医学は全く異なる概念ではなく、類似性をもっていることがわかります。伝統医学の中でもタイ伝統医学は汎用性をもっっているため、伝統医学全体を包括的に理解するのに最も適したものだと思います。

 

■タイ伝統医学における「4大タート理論」

タイ伝統医学の理論では、「全宇宙が土、水、風、火の4つの元素で成り立っている」という概念に基づいています。これを4大タート理論と言います。「タート」とは、タイ語で元素のことです。この考え方は、古代インド医学のアーユルヴェーダにも共通する理論です。アーユルヴェーダの歴史は5000年と言われていますが、アーユルヴェーダ(Ayurveda)は、ホリスティック医学を代表するものですが、アーユルヴェーダ(Ayurveda)は、サンスクリッド語で「生命の科学」(サイエンスオブライフ)の意味で、紀元前2500年頃からインドで広まった世界最古の伝承医学です。アーユルヴェーダは、中国伝統の漢方にも通じるところがある一方、世界保健機構(WHO)が正式に奨励している東洋医学のひとつで、人間が心身ともに健康で幸せに生きていくことを教える学問であり、病気をしないで健康で、楽しく天寿を全うすることを目的とした包括的な医療体系です。タイ伝統医学は、紀元前500年ごろのブッダの時代にルーツを持つと言われていますので、タイ伝統医学は、これらの影響を受けていると言って差し支えありません。

これらの伝統医学では、「病気にならない体、幸せを感じる心、すべての人が健康に美しく輝くために自然や宇宙と調和して生きることが大切」というのが健康のための基本的な通説です。その基本となっているのは、「地球上のすべての生命は宇宙と同調していて、人間の心も体も宇宙と一体であるとし、小宇宙である人間が宇宙との密接な関係によって健康を保つことが家族や地球、宇宙にとって大切である」ということです。地上にあるすべての生態系の基礎となっているのが空、風、火、水、土の5大要素であり、これらは常に相互に影響しあい変化しているとされています。人間の体内でこの生命エネルギーのバランスが崩れると、病気の大きな基ができる、と解いています。これらの元素のバランスが崩れると、地球規模では天変地異が起きます。人間では病気になるという考え方です。人間の身体も小さな宇宙であるとするなら、 人間の身体も同じように元素の影響を強く受けているという基本方針には変わりがありません。

ただし、アーユルヴェーダが「空、風、火、水、土」の5大元素の考え方であるのに対し、タイ伝統医学は「土、水、風、火」の4大元素の考え方です。一つ足りないものは「空」です。アーユルヴェーダでは、「五大元素」のことを、正式には「パンチャマハブータ(Panca Mahabhuta)」と言いますが、それぞれが指しているものは以下のようになります。

◎空(アーカーシャ)
=原子力エネルギー
=空間のこと
=性質(軽い、柔らかい、クリア、無限、活動的、拡大)

◎風(ヴァーユ)
=電気的エネルギー
=風や流れのこと
=性質(軽い、粗い、クリア、ドライ、冷たい、粗い、行動)

◎火(アグニ)
=放射エネルギー
=熱や火のこと
=性質(軽い、粗い、シャープ、ドライ、熱い、繊細)

◎水(アパス)
=科学的エネルギー
=水分のこと
=性質(重い、柔らかい、ぬるぬる、オイリー、鈍い)

◎地(プルッティヴィ)
=科学的エネルギー
=かたまりのこと
=性質(重い、固い、鈍い、濃い、鈍い)

タイの4大元素「タート」で比較すると以下のようになります。4つの元素を人間の身体に当てはめると、 土は骨や筋肉、水は血液やリンパ液、風は生理作用、 火は新陳代謝や消化を表しています。

◎空(アーカシャ)なし

◎風(ヴァーユ)
=生理作用

◎火(アグニ)
=新陳代謝や消化

◎水(アパス)
=血液やリンパ液

◎土(プルッティヴィ)
=骨や筋肉

なんとなく、考え方が共通しているのをご理解いただけたでしょうか?アーユルヴェーダでは「地」と表現していますが、タイ医学では「土」となっています。これはほぼ同じものと考えられます。では、何故タイ伝統医学では「空」が存在しないのでしょう?不思議に思って調べてみましたが、あるアーユルヴェーダの本に、このようなことが記載されていました。

「宇宙の始まりは意識の具体化されていない状態で、そこからオームという微妙な波動が発生し、その波動から「空」の元素が現れ、それが動いて「風」を生じます。風の動きは摩擦を生じ、やがて熱が発生し結合して「火」の元素が現れます。火の熱により空の要素が溶けて液体となり「水」が現れ、さらに溶けて「地」の元素が作られました。」空が他の4つに変化し、5元素が生まれたとアーユルヴェーダでは考えていますので、「空」はすべての大元ということになります。当時の人がわかりやすいように省いただけなのかも知れません。

タイの4大元素「タート」を人間に当てはめて、そのバランスが崩れた時、身体に不調として現れます。人は火、水、土、風のバランスを保つことにより健康に、良好な日々を過ごせると考えています。そして、身体の中の各細胞や各器官、血液等、身体すべての役割をベースにして「火、水、土、風」に分けて説明することができます。例えば、エネルギーを体全体隅々まで運んでいるのが 風の役割。生命エネルギー「プラーナ」は「風」に相当しますし、体内にある風の通り道「セン」もまた「風」の役割を担っていると言えます。ですから、タイ古式マッサージでは、エネルギーライン「セン」に沿ってアプローチを行っているわけです。この行為は、溜まった風を正常の位置に戻し、余計な風を外部に排出して風の通りを良くするという意味を持っています。全身にエネルギーを循環させ、調整しているわけです。ちなみに、そけい部付近を圧迫して、脈打つのを感じながら離すテクニックがありますが、「パート プラテート ロム」とうテクニックです。これは「風門を開く Open The Window Gate」という意味です。この場合の「風」とはエネルギーであるプラーナを指していることがわかりますね。

 
 
→さらにこちらのページでタイ伝統医学の詳細を説明しています。
 
 

■タイ伝統医学における「10本のセン理論」

タイ古式マッサージ「ヌアボーラン」は、人体に「セン」と呼ばれるエネルギーラインが流れているという考え方の上に成り立っています。このセンは目に見えないもので、解剖学上確かめることはできません。このエネルギーラインの考え方は、インド医学(アーユルヴェータ)にも存在しており、ヌアボーランが、インドを起源とするヨガの影響を明らかに受けていることがよくわかります。 中国の経路にもこのようなエネルギーラインが存在しますが、これらは似通っていますが決して一致していません。目には見えないけれども、確実に作用する力。それこそが不可思議なエネルギーであり、それが「気」なの です。 東洋医学全般にこのような「気」の流れる道があるとされ、まさにタイ古式マッサージ・ヌアボーランも東洋医学のひとつであることがわかります。

人間は、自分を取り巻く宇宙エネルギーと常にバランスを保ちながら、肉体や精神を維持しています。呼吸によって吸収された空気や食事によって吸収された食物は、人体に入ってから生命エネルギー(プラーナ/気)に変わり、エネルギーラインを通 って全身に供給されます。つまり、エネルギーラインは、自分と宇宙エネルギーを結ぶ掛け橋の役割をしているのです。エネルギーラインは、10本のセンのほか、網の目状にめぐる気道72000本のナーディーを加えて「2番目の皮膚」「2番目の身体」として人体を形成しています。たとえば、人間が具合が悪いという状態は、生命エネルギー(プラーナ)の供給が妨害され、不足した状態と考えられます。そこで、マッサージによってエネルギーラインに刺激を与え、生命エネルギー(プラーナ)の流れを正常にしていくというわけです。

プラ-ナとは、サンスクリット語で「古い伝説」という意味。ヒンズー教の教えで神々を讃える内容のこと。インド医学では、体内に宿るエネルギーのことをこう呼びます。それは大きな活力を持ち、ときに激しく運動するというもの。このプラ-ナが渦巻きのように凝縮した場所がチャクラなのです。

タイ古式マッサージ・ヌアボーランでは、エネルギーラインの中でも特に重要とされる10本の全身のセンを刺激するようにして施術を行います。その中でも6本が足(足裏~足の付け根)の部分に集中しているため、通常のヌアボーランでは、足の部分のマッサージからスタートします。そして、全体の中でもその割合が多いというのも、他のマッサージと比較した場合のひとつの特徴と言えるでしょう。「セン」というエネルギーラインの存在自体は、解剖学上確認できませんが、最近の研究によって、ヌアボーランの効果 が、肉体や内臓に対して非常に有効的であると、立証されはじめてているのです。 現代では、「気/プラ-ナ」の存在も明らかになってきています。その存在は、波動で確認できます。波動は目には見えないレベルの細かな振動で、世の中のすべての物質はそれぞれに違った形の波動をもっています。クオーツ時計(水晶時計)は、正確に時を刻みますが、この原理は水晶の振動を利用したものであるように、現代産業においても用いられています。

 
 

■10本のセンと適応症状

タイ医学では、それぞれのセンごとにどんな症状の場合に、このライン上を施術するか、以下のように定められています。10本のセンも左右で呼び方が違い、ラインとしては6本ということになります。各流派ごとの定められた基本のスタイルでは、特にこれらを分けて施術することはありませんが、 治療目的で行なう場合には、これらのセンを用途別に使い分けることになります。考え方は中国医学の経路と同じように考えられるわけです。

 
 
セン・スマナ
(Sen Summana)
(中央)舌先~喉~胸~みぞおち
※このラインはヨーガでいうスシュムナ・ナーディーに近い
[適応] ぜんそく、気管支炎、胸部の痛み、吐き気、風邪、咳、喉の疾患、腹痛、躁病、心臓病、横隔膜のけいれん、上半身のマヒ、消化器系疾患、白昼夢など
セン・イッタ
(Sen Ittha)
(左)左の鼻孔~頭頂部~首~背中1stライン~臀部 ~脚外側3rdライン~膝~脚内側1stライン~腹部~へそ左横のポイント (セン・ピンカラの反対側)
※このラインはヨーガでいうイダナーディー、中国医学の膀胱経の一部に近い
[適応]鼻の不快感、副鼻孔疾患、 頭痛、首こり、 背中の痛み、風邪、膝の痛み、貧乏ゆすり、泌尿器官疾患、腹痛など
セン・ピンカラ
(Sen Pingkhala)
(右)右の鼻孔~頭頂部~首~背中1stライン~臀部 ~脚外側3rdライン~膝~脚内側1stライン~腹部~へそ右横のポイント(セン・イッタの反対側)
※このラインはヨーガでいうピンカラナーディー、中国医学の膀胱経の一部に近い
[適応]鼻の不快感、副鼻孔疾患、 頭痛、首こり、 背中の痛み、風邪、膝の痛み、貧乏ゆすり、泌尿器官疾患、腹痛、および肝臓疾患、胆のう疾患など
セン・カラタリ
(Sen kalayhari)
(上)へそ~腹部~胸部~両肩~両腕内側~手~指関節~指先
(下)へそ~鼠経部~両脚内側2ndライン~足~足底ポイント3~足指先
[適応] 消化器系疾患、消化不良、背中の痛み、背骨の痛み、腕の痛み、腕のマヒ、脚の痛み、脚のマヒ、膝の痛み、指の関節炎、胸の痛み、ヘルニア、てんかん、卒中、精神分裂症、ヒステリー、精神障害、不整脈、狭心症、リウマチ性心臓病、静脈炎、黄疸、百日咳など

セン・サハサランシ
(Sen Sahatsarangsi)

(左)左目~喉~胸部左側~腹部左側~脚外側1stライン~足底~脚内側1stライン~鼠経部~へそ下ポイント
※このラインは中国医学の胃経の一部に近い (セン・タワリの反対側)
[適応] 顔面マヒ、歯痛、喉の痛み、目の充血、目の腫れ、白内障、目の機能障害、胸の痛み、胃腸病、泌尿器系疾患、発熱、脚のマヒ、脚のしびれ、膝関節痛、ヘルニアなど
セン・タワリ
(Sen Thawari)
(右)右目~喉~胸部右側~腹部右側~脚外側1stライン~足底~脚内側1stライン~鼠経部~へそ下ポイント
※このラインは中国医学の胃経の一部に近い (セン・サハサランシの反対側)
[適応]顔面マヒ、歯痛、喉の痛み、目の充血、目の腫れ、白内障、目の機能障害、胸の痛み、胃腸病、泌尿器系疾患、発熱、脚のマヒ、脚のしびれ、膝関節痛、ヘルニアおよび黄疸、虫垂炎など
セン・ラウサン
(Sen Lawusang)
(左)左耳~喉の左側~胸部左側~乳首左側~みぞおち
※ (セン・ウランガの反対側)
[適応] 耳の疾患、 難聴、耳鳴り、咳、顔面マヒ、歯痛、胸の痛み、胃腸障害など
セン・ウランガ
(Sen Uragka)
(右)右耳~喉の右側~胸部右側~乳首右側~みぞおち
※ (セン・ラウサンの反対側)
[適応] 耳の疾患、 難聴、耳鳴り、咳、顔面マヒ、歯痛、胸の痛み、胃腸障害および不眠症、皮膚下のかゆみなど
セン・ナンタクラワット
(Sen Nathakrawat)
セン・シキ二
(Sen Sikhini)
へそ~尿道~尿道口
セン・スクマン
(Sen Sukhumang)
へそ~結腸~肛門
[適応] ヘルニア、頻尿、不妊症、生理不順、性的不能、早漏、尿閉、下痢、腹痛など
セン・キチャナ
(Sen Khitchanna)
セン・ピタクン
(Sen Pitakun)
(男性)へそ~陰茎
セン.キチャ
(Sen Kitcha)
(女性)へそ~子宮~膣
[適応] ヘルニア、頻尿、不妊症、生理不順、性的不能、早漏、尿閉、下痢、腹痛および性的衝動の安定
 
→「セン」についてはこちらのページからさらに詳しくご確認いただけます。
 
 TTMAトピックス
特集:TTMAの絶対お奨めサロン
特集:ゴッドハンドを持つセラピスト
無料体験セミナー参加者募集

タイマッサージde独立開業!

タイマッサージでトクすること
動画で見ようタイマッサージ
スクール修了証とTTMA認定証
TTMAの定める基礎と応用段階
メタボリック症候群にも効果的
ストレスマネージメントに有効
タイマッサージ塾 塾長募集
マッサージサロン開業のコツ
使える簡単タイ語講座
セラピスト会員年会費納入方法
セラピスト会員無料勉強会
ハーブボール卸売り販売
睾丸マッサージジャップカサイ
作ろう!オーガニックカクテル
開業資金を計算しよう!
経営感覚はバランス感覚
個人事業チェックシート
不況下で生き残る方法
未経験から分割で学ぶ奨学制度
伝統は進歩の最大の敵
施術における事故保障
 
 お問い合わせ
セラピストの就職転職
サロンへの不満とクレーム
資格取得へのアドバイス
施術法に関するアドバイス
 
 ビジネスサポート
 
独立開業ビジネスサポート
 
 
 
 
 
 
 
 


Copyright (C) NPO TRADITIONAL THAI MASSAGE ASSOCIATION JAPAN 2000