タイ古式マッサージ
タイ古式マッサージの概略
タイ古式マッサージの歴史
タイ古式マッサージの理論
タイ古式マッサージの効果
タイ古式マッサージテクニック
日本における偏見と現況
代替医療としてのマッサージ
 
 タイ伝統医学
タイ王国伝統医学的背景
マントラ
創始者シヴァカゴーマラバット
タイ国王と時代背景
タイ仏教とのかかわり
サムンプライ
ルーシーダットン
 
 代替医療と予防医学
代表的なアロマの効果効能
アロマセラピー
リフレクソロジー
アーユルヴェーダ
アユルヴェタイマッサージ
プラーナヒーリング
 
 施術における注意点
セラピストの心得と道徳
問診方法
解剖生理学的知識
症状別施術注意事項
 
 タイマッサージビジネス
日本における法的概念
日本におけるタイ人の雇用
雇用契約と業務委託契約
労務管理の法的基準
労使間トラブルQ&A
 
 TTMA
活動趣旨
活動内容
無料賛同会員募集
セラピスト会員募集
公認サロン募集
公認スクール募集
ボランティアスタッフ募集
賛助企業募集/寄付のお願い
営業開始の届出
 
 TTMA認定資格ガイダンス
TTMA公認資格概要
資格ガイドマップ
認定試験概要
D級資格
R級資格
C級資格
B級資格
A級資格
AA級資格
AAA級資格
 
 TTMA情報提供
セラピスト求人情報
TTMA公認セラピスト会員紹介
TTMA公認サロン紹介
TTMA公認スクール紹介
リラクゼーション業界用語集
インフォメーション
 
ホームへ戻る
TTMA会員規約
 
TTMA会員規約

■TTMA会員規約

TTMA会員規約
特定非営利活動法人 日本トラディショナルタイマッサージ協会

第1条(日本トラディショナルタイマッサージ協会の目的)
特定非営利活動法人日本トラディショナルタイマッサージ協会(以下TTMAという)は、日本および国際社会に対して、タイ王国の伝統古式マッサージの紹介を通して、文化の振興および国際交流推進を図り、より豊かな国際社会を築くことに貢献することを目的とする。

第2条(TTMAの主な活動内容)
1.タイ古式マッサージの歴史、効果、効能などについての情報の提供。
2.タイ古式マッサージビジネスについての情報の提供。
3.タイ古式マッサージ技術保有者に対する各種相談。
4.タイ古式マッサージ技術者個人の認定業務。
5.タイ古式マッサージを取り扱う店舗の登録申請および認定業務。
6.タイ古式マッサージを取り扱う店舗における安全性、衛生面などについての評価。
7.タイ古式マッサージを受ける消費者からの健康状態に関する相談業務。
8.タイ古式マッサージ技術者からの技術に関する相談受付および指導業務。
9.タイ古式マッサージセミナーにおける技術指導、およびビジネス指導業務。
10.会員向けの補償制度の企画・運営
11. タイ古式マッサージスクールの認定業務
12.タイ古式マッサージ技術者の就職斡旋および開業支援
13.会員の就業先とのトラブルに関する仲裁業務
14.上記に関する付帯業務

第3条(TTMA会員の意義)
TTMA会員とは、TTMAの主旨に賛同し、かつ本規約に承認した者をいう。

第4条(TTMA会員の種類および資格)
会員の種類は、次のとおりとする。
1.無料賛同会員
TTMAの活動主旨に賛同し、インターネットを通してTTMAの発信する情報を得る個人および、TTMA公認スクールでタイ古式マッサージを学ぶ学生をいう。
2.セラピスト会員
TTMAが認定した文化継承者の中で、TTMAの活動に参加し、TTMAを賛助するセラピストをいう。

第5条(会員資格の取得)
1.無料賛同会員
個人がTTMAの無料賛同会員となるには、会員規約に合意したうえ、必要な情報を記入後、メールを送信して登録を行う。また、TTMA公認スクールへの入学者は、申し込み時に手続きを行う。
2.セラピスト会員
個人がセラピスト会員になるには、TTMAの行うタイマッサージ技術認定を受け、認定試験に合格した者が、会員規約に合意したうえ、必要な情報を記入後、TTMAの関連事務所で登録を行う。
3.契約を希望する者が未成年者である時は、巻末に法定代理人親権者の同意、署名及び押印を必要とする。

第6条(無料賛同会員の特典)
無料賛同会員は、メールマガジン「タイマッサージ大好きマガジン」によって、TTMAが発信する情報を受け取ることができる。

第7条(セラピスト会員の特典)
1.セラピスト会員は、TTMAとして商標登録されたロゴマークを使用することができる。
2.セラピスト会員は、TTMAのID名刺を使用することができる。
3.セラピスト会員は、TTMAのセラピスト認定証を受領することができる。
3.タイ古式マッサージの就職・開業などに関する相談を行うことができる。
4.セラピスト会員は、TTMAの補償制度に団体会員として登録され、日本国内における営業活動の中で生じた事故について制度に定められた補償を受けることができる。
5.セラピスト会員は、営業上必要な体調確認問診票などの用紙を使用することができる。
6.セラピスト会員は、TTMAのホームページ内に、個人の顔写真を掲示することができ、そこから仕事の申込みや企業からの仕事の依頼などを直接受けることができる。
7.セラピスト会員は、TTMAが主催するさまざまな各種イベント、ボランティア活動、シンポジウム、勉強会等に参加することができる。そこでは、会員同士の交流を図り、相互に助け合いながら活動することができる。

第8条(年会費)
年会費は、各会員から、TTMAの定める金額を、定められた方法によりTTMAに納付するものとする。各会員種別による年会費の金額は下記のとおりとする。会費は、下記に定める年会費を年一括払いで納めるものとする。
 
会員種別       入会金     月会費  
無料賛同会員     なし      なし    
セラピスト会員    なし      1800円 更新時に年一括払いの場合は18000円

第9条(会員期間および更新)
1.無料賛同会員およびセラピスト会員は、退会の手続きが行われるまで、自動的に更新されるものとする。
2.年会費の納付は、毎年9月1日より8月31日までの1年間を期間と定め、中途入会者については、月額1800円にて期間内の会費を納付する。

第10条(会員資格の喪失)
会員は、次の各号のいずれかの事由に該当する場合、その資格を失うものとする。
1.退会
2.会員の死亡
3.会員資格の取り消し
4.会員期間の満了(但し、会員期間が更新された場合を除く)
5.当会員規約に違反した場合

第11条(退会)
会員の退会は、会員自身による退会の意志を決定した場合は、退会届をダウンロードし、記入したものをTTMAまで送付するものとする。退会は、TTMAが退会受理確認した年度末をもって退会とする。8月末の年度末をもって退会する場合は、7月末日までにTTMAに退会届が届くように送付しなければならない。 なお、年度内の中途退会の場合についても、TTMAに納付された年会費は返還されない。

第12条(会員資格の取り消し)
1.会員が次の各号のいずれかの事由に該当する場合、TTMAは、会員の会員資格を取り消すことができるものとする。
(1)入会時に虚偽の申告をしたとき
(2)TTMAの信用もしくは名誉を毀損し、または公序良俗に違反する行為があったとき
(3)本規約の各条項の1つでも違反したとき
(4)セラピスト会員が等級に応じた活動範囲の制限を越えたとき
(5)TTMAにおいて会員の信用状態に重大な変化が生じたと認めたとき
(6)その他TTMAにおいて会員として不適格と認めたとき
2.TTMAが前項により会員資格を取り消す場合、会員に対してその旨通知する。但し、通常の連絡方法を用いても通知できないときは、会員に通知が通常到着すべき時に通知がなされたものとみなす。

第13条(金品の返還)
年会費、その他の拠出金品は、いかなる理由に基づくとも、返還しないものとする。

第14条(会員資格の譲渡禁止等)
会員資格は、第三者に譲渡することができないものとする。また、相続等により第三者が承継することもできないものとする。

第15条(登録事項の変更)
1.すべての会員は、登録事項に変更が生じた場合には、速やかに登録事項の変更を行うものとする。
2.前項の変更がない場合、またはその他TTMAの責によらない事由により、TTMAが会員に対して通知した場合、当該通知は通常到着すべき時に会員に到着したものとみなす。

第16条(TTMAの免責)
会員の登録事項については、会員自らの責任により 登録したものであり、TTMAは、登録事項の真偽について、一切責任を負わないものとする。また、他の会員による会員の公開された申請者個人登録情報および事業所登録情報の各利用についても同様とする。

第17条(反社会的勢力の排除)
1.甲及び乙は、自己または自己の代理人が、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約する。
(1)暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下「暴力団員等」という。)
  (2) 暴力団員等が運営を支配していると認められる関係を有すること
  (3) 暴力団員等が運営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
  (4) 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
  (5) 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
  (6) 役員または運営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
2.甲及び乙は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約する。
   (1)暴力的な要求行為
   (2)法的な責任を超えた不当な要求行為
(3)取引に関して、脅迫的な言動をし,または暴力を用いる行為
(4)風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
(5)その他前各号に準ずる行為

第18条(合意管轄裁判所)
本規約について、会員とTTMAとの間に紛議が生じたときは、信義誠実の原則により、双方協議の上解決するものとするが、万一、訴訟または法律上の紛争が生じた場合は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を合意管轄裁判所とする。

第19条(準拠法)
会員とTTMAとの間の契約その他の取り決めに関する準拠法は、すべて日本法が適用されるものとする。

第20条(規約の変更・承認)
本規約の変更については、TTMAから会員に対し、変更内容の通知を発信し、その後1ヶ月が経過した場合、会員は変更事項または新会員規約を承認したものとみなす。
以上
                          
(2017年2月1日現在)
・・・・・・付記・・・・・・

第1条(セラピスト会員の等級)
セラピスト会員は、TTMA実施の認定試験の結果、その技術水準によって5段階に区分され、活動の範囲も同様に制限される。等級はそれぞれR級リラクゼーションセラピスト、C級トラディショナルタイマッサージセラピスト、B級アドバンスドタイヨガマッサージセラピスト、A級メディカルタイヨガマッサージマイスター、AA級エグゼクティブタイヨガマッサージプロフェッサー、AAA級プロフェッサーエメリタスという。
第2条(各等級の資格と活動範囲)
1.R級=リラクゼーションセラピスト
R級会員は、各ボディパーツに対するリラクゼーショントリートメントの営業活動が許可された者で、TTMAのホームページに掲載される。事故補償の適応を受けることができる。
2.D級=ベーシックタイマッサージセラピスト
D級会員は、基本的なタイ古式マッサージスキルを学んだ証としてとして資格を得た者で、事故補償等のサポートは受けられない。
3.C級=トラディショナルタイマッサージセラピスト
C級会員は、タイ古式マッサージセラピストとしての営業活動が許可された者で、TTMAグループにおけるサロン勤務、イベント参加に対する権利を持つ。TTMAのホームページ上で表示されることで、個人的なPR活動を行うことができる。
3.B級=アドバンスドタイヨガマッサージセラピスト
B級会員は、TTMAグループサロン責任者として活動できる。また、TTMAレンタルマッサージスペースを借りて個人的に営業することができる。「TTMA公認ゴッドハンドマッサージ○○店」としてサロンを開店することもできる。TTMAのサロン基準をクリアすれば、TTMA公認サロンとして認定を受けて活動することができる。
4.A級=メディカルタイヨガマッサージマイスター
A級会員は、「TTMA公認タイマッサージ塾○○校」を開校することができる。ここでは、TTMAの教材を使用しながら、初級C級および中級B級に相当した段階の技術指導を行うことができる。さらに、C級資格の認定試験に際し、試験官として審査を行うことができる。B級資格の審査は行うことができない。
5.AA級=エグゼクティブタイヨガマッサージプロフェッサー
AA級会員は、TTMAスクール基準をクリアすれば、TTMA公認スクールとしてとして独自に活動することができる。ここでは、TTMAの教材を使用しながら、初級C級、中級B級、上級A級に相当した段階の技術指導を行うことができる。さらに、B級資格の認定試験に際し、試験官として審査を行うことができる。A級資格の審査は行うことができない。また、公認サロン認定官としてサロン審査を行うこともできる。
6.AAA級=プロフェッサーエメリタス
AAA級会員は、AA級としての活動成果が理事会で認められた会員で、部分的に限定することなくタイ伝統医学全般の指導をすることができる。認定試験官としては、上級A級認定試験における審査、および、TTMA公認スクールの認定審査を行えるので、タイ古式マッサージおよびタイ伝統医学普及の拠点として活動することができる。

第3条(TTMA公認サロン)
TTMA公認サロンとは、技術の安全性および衛生管理の面において、TTMAが認めた水準を満たしている優良なサロンをいう。TTMAは、タイ伝統医学である古式マッサージを普及させるために優良なサロンを公認し、その営業活動をサポートする。TTMA公認サロンは、以下の項目を網羅しているサロンをいう。
・店舗の責任者が、TTMA公認B級以上の資格を保有していること。
・お客様には事前に体調確認のカウンセリングを行ってから施術を開始していること。
・フットバス等で足を清潔に保ち、衛生面に配慮があること。
・施術者が事前に手を洗うなどして、衛生面に配慮があること。
・お客様を不快にしない最低限度の接客サービスがなされていること。
・違法な労働者を雇用していないこと。
・風俗まがいのサービスを行っていないこと。
・料金設定が妥当であること。
第4条(TTMA公認サロンの特典)
1.TTMAの活動による優良サロンとしての信頼と安心を享受することができる。
2.販促物にTTMA公認マークを使用することができる。
3.TTMA公認サロン証とTTMA公認オーナメントが無料進呈される。
4.公認サロンのオリジナルホームページが無料進呈される。
5.公認サロン紹介ページに無料掲載される。
6.TTMAの求人ページで、広告を無料掲載することができる。
7.TTMA発行のメールマガジンで月に1回、情報を無料掲載することができる。
8. ニュース広告、トップ広告、特集ページの掲載が破格でできる。
9.万が一、店舗責任者が2日以上入院した場合には、TTMAより見舞金が支給される。
第5条(TTMA公認スクール)
TTMAは、本格的なタイ古式マッサージをタイの伝統医学として取り扱うことのできるスクールとしてTTMAが公式に認めたスクールで、TTMAが推奨する教材を使用し、安全管理基準を網羅したスクールをいう。スクール責任者が、TTMA公認AA級以上の資格を保有していることが条件となる。A級資格保持者がスクール事業に参入する場合には、タイマッサージ塾の傘下に置いて活動することが許可されている。
第6条(TTMA公認スクールの特典)
1.TTMAの活動による優良スクールとしての信頼と安心を享受することができる。
2.販促物にTTMA公認マークを使用することができる。
3.TTMA公認スクール証とTTMA公認オーナメントが無料進呈される。
4.公認スクール紹介ページに無料掲載される。
5.TTMAグループの各ホームページにバナーが無料で貼られる。
6.TTMAの求人ページで、広告を無料掲載することができる。
7.TTMA発行のメールマガジンで月に1回、情報を無料掲載することができる。
8. 無料体験セミナーの案内をTTMAトップページに無料掲載できる。
9.ニュース広告、トップ広告、特集ページ広告の掲載が破格でできる。
10.万が一、スクール責任者が2日以上入院した場合には、TTMAより見舞金が支給される。
第7条(見舞金規定)
TTMAではセラピスト会員に対し、以下の場合に見舞金を支給する。
1.A級メディカルタイヨガマッサージマイスター、AA級エグゼクティブタイヨガマッサージプロフェッサー、AAA級プロフェッサーエメリタスである場合。
2.B級アドバンスドタイヨガマッサージセラピストで、公認サロンを運営している場合。
3.公認スクールを運営している場合。
見舞金は、セラピスト会員が2日間以上入院した場合に支給するものとし、入院日数に応じた金額とする。入院日数が2日~6日間の場合50000円、7日~13日間の場合100000円、14日間以上で150000円。
第8条(月会費)
月会費は、公認サロンおよび公認スクールから、TTMAの定める金額を、定められた方法によりTTMAに納付するものとする。会費は、下記に定める月会費を期間毎、あるいは年一括払いで納めるものとする。
 
           入会金     年会費(一括払い)   月会費(分割)
公認サロン      なし        20000円       2000円/月
公認スクール     なし       120000円      10000円/月
第9条(TTMAボランティア活動)
TTMAではタイの伝統医学を通して、社会貢献のためのボランティア活動を推進する上で、賛助企業を募集し、寄付を募る。また、ボランティアに参加する方を募り、賛助企業およびボランティアスタッフには、ボランティアマークを発行する。ボランティア活動の内容は以下の通りとする。
・TTMAに対しタイ古式マッサージに関する情報を無償で提供すること。
・精神的に落ち込んでいる人に対し、無償で施術をすること。
・病に冒されている人に対し、無償で施術をすること。
・金銭的に窮している人に対し、無償で施術をすること。
・高齢の方に対し、無償で施術をすること。
・身体的に問題を抱え介護が必要な方に対し、無償で施術をすること。
・エイズに冒された子供たちに対し、無償で施術をすること。
・ひどく生活に窮した方にタイ古式マッサージを無償で指導すること。



| JAPANESE | ENGLISH | THAI |
 TTMAトピックス
特集:TTMAの絶対お奨めサロン
特集:ゴッドハンドを持つセラピスト
タイマッサージ無料体験セミナー

タイマッサージde独立開業しよう!

タイマッサージでトクすること
動画で見よう!タイ古式マッサージ
スクール修了証とTTMA認定証
TTMAの定める基礎と応用段階
危険がいっぱい!非公認サロン
メタボリック症候群にも効果的
ストレスマネージメントにも有効
タイマッサージ塾 塾長募集
タイマッサージサロン開業のコツ
マッサージで使える簡単タイ語講座
セラピスト会員の年会費納入方法
セラピスト会員無料勉強会
ハーブボール卸売り販売
睾丸マッサージ「ジャップカサイ」
作ろう!オーガニックカクテル
開業資金を計算しよう!
経営感覚はバランス感覚
個人事業チェックシート
不況下で生き残る方法
未経験から分割で学ぶ奨学制度
 
 広告宣伝
TTMAリンク集に追加掲載
求人情報を掲載しよう!
ニュースページに広告を出そう!
トップページに広告を出そう!
メールマガジンで案内しよう!
特集ページでPRしよう!
広告掲載料金一覧
 
 お問い合わせ(なんでも110番)
セラピストの就職転職
サロンへの不満とクレーム
資格取得へのアドバイス
施術法に関するアドバイス
 
 サロン開業ビジネスサポート
TTMAリンク集に追加掲載
施術における事故保障
TTMAへの関連情報提供
TTMA会員・IDカード
市場調査/マーケティング
ビジネスコンサルティング
ロゴマークデザイン
パンフレットデザイン
サロンカード/名刺デザイン
ホームページデザイン
内装設計/インテリアデザイン
就業規則/契約書作成
サロン運営マニュアル制作請負
サロンスタッフ接客トレーニング
サロングッズ
 
 イベント
タイ伝統医学講演
参加型体験レッスン講演
タイマッサージビジネス講演
イベント/セラピスト出張派遣
 
日本ヌアボーランスクール
 
 
タイマッサージ塾
 
NBSチェンマイ


Copyright (C) NPO TRADITIONAL THAI MASSAGE ASSOCIATION JAPAN 2000